教えてクレメンス

読んだことのまとめとか

【ポモドーロテクニック】ポモドーロを管理することで生産性を向上する

 ポモドーロテクニックとは

 集中して仕事をこなすために、25分毎に時間を区切って仕事をする時間管理術。Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案した。

手順

  1. 25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける。
  2. 25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する
  3. 25分経てば、5分間の休憩を入れる
  4. 4ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる
  5. 後は上記を繰り返す

ポモドーロテクニックの利点

集中して質を上げることができる

・時間が明確に区切られている

・短時間である

・終わりを気にしないでできる

といった点が優れていて、目の前の仕事に集中できるというメリットがあります。

集中の度合いは効率に繋がるので、生産性向上に大いに役立つテクニックと言えるでしょう。

管理しやすい

ポモドーロの個数という基準で時間管理をすることができます。

人は時間感覚に疎いらしく、時間を過大評価する傾向があるそうです。

todoリストにいっぱい書いて大風呂敷広げちゃってあんまりできず失敗しちゃうのはそのせいらしいです。

ポモドーロの個数は具体的な数字なのでそれと作業を照らし合わせていけば一定の時間で何ができて何ができないかなどが分かっていきます。

管理し続けると時間が肌感覚でわかるようになり短期的にも長期的にも計画が立てやすくなっていきます。1日にこれなら1週間で…1か月で…みたいな具体的なノルマもわかっていくでしょう。

記録していけばモチベーションにもなります。

 

注意点

集中し管理するというのはかなりきつい作業です。

実際やってみると分かると思いますが3くらいやると結構疲れます。

そしてその3個で今までの何倍も進んでいるということもわかります。

やっぱきついことしていかないとだめですよね

http://free-photos-ls04.gatag.net/images/lgf01a201408030200.jpg